The Rolling Stones - "Brown Sugar"のライブ映像を公開 新譜「Sticky Fingers Live At The Fonda Theatre 2015」日本盤 2017年9月15日発売から

musicinfoclip

 twitterで共有する
The Rolling Stones - "Brown Sugar"のライブ映像を公開 新譜「Sticky Fingers Live At The Fonda Theatre 2015」日本盤 2017年9月15日発売から thm Music info Clip
The Rolling Stones (ザ・ローリング・ストーンズ)

"Brown Sugar"のライブ映像を公開

新譜「Sticky Fingers Live At The Fonda Theatre 2015」
日本盤 2017年9月15日発売から


The Rolling Stones新譜「Sticky Fingers: Live At The Fonda Theatre 2015」から"Brown Sugar"の映像が、
YouTube The Rolling Stonesオフィシャルチャンネルにて公開されました。

公開日は 2017/09/14 。



The Rolling Stones - Brown Sugar (Live At The Fonda Theatre 2015)






The Rolling Stones新譜「Sticky Fingers: Live At The Fonda Theatre 2015」日本盤
ワードレコーズから2017年9月15日発売。

Blu-ray+CD、DVD+CD、DVD、Tシャツが付属したものなど各種パッケージで発売。

ザ・ローリング・ストーンズ『スティッキー・フィンガーズ~ライヴ・アット・ザ・フォンダ・シアター2015』【初回限定盤Blu-ray+CD(日本先行発売/日本語字幕付/日本語解説書封入)】
The Rolling Stones - Sticky Fingers: Live At The Fonda Theatre 2015


収録曲目 (DVD)

1. Start Me Up
2. Sway
3. Dead Flowers
4. Wild Horses
5. Sister Morphine
6. You Gotta Move
7. Bitch
8. Can’t You Hear Me Knocking
9. I Got The Blues
10. Moonlight Mile
11. Brown Sugar
12. Rock Me Baby
13. Jumpin’ Jack Flash

ボーナス映像

1. All Down The Line
2. When the Whip Comes Down
3. I Can't Turn You Loose



ストーンズ史上初の試み! 2015年5月20日にLAのフォンダ・シアターで行なわれた『スティッキー・フィンガーズ』再現ライヴがリリース! 寺田正典氏による数万字に及ぶ長編解説、さらにZip Codeツアー初日サンディエゴ公演を撮影したオフィシャル・カメラマン、有賀幹夫氏による解説封入!

2015年、ローリング・ストーンズ'71年の名作アルバム『スティッキー・フィンガーズ』の各種拡大盤のリリースに合わせた北米ツアー「Zip Code」が行なわれた。そのツアーの幕開け公演として5月20日、ロサンゼルスの小規模会場で実現した、『スティッキー・フィンガーズ』全曲演奏をフィーチャーしたスペシャル・ギグを収めた映像作品がついに発売される。そこでの密度の高い名作再現ライヴは文句なしの幸せ感に満ちているだけでも嬉しいのに、それがいつも以上の臨場感たっぷりのサウンドで収録。しかも当日のライヴをフル・セットで楽しめるという充実ぶりが嬉しいリリースだ。

わずか2年前のライヴを収めた映像に、ストーンズの歴史的映像作品が並ぶ「フロム・ザ・ヴォルト」シリーズの名を敢えて冠してリリースすることになった理由の一つは、この日のギグが持つ二重に歴史的な価値をアピールするためではないかと思う。二重にと書いたのはつまりこういうことだ。ストーンズが、ロック・クラシックの名作としても名高い『スティッキー・フィンガーズ』全収録曲を一度に演奏したのはこれが初めてだったという点。そして『スティッキー・フィンガーズ』に限らずストーンズ自身のアルバム全曲を同じコンサートの中でプレイしたのはこれが最初で、もしかしたらこれが最後になるかもしれない、ということだ。


ミック・ジャガー(ヴォーカル)
キース・リチャーズ(ギター/ヴォーカル)
チャーリー・ワッツ(ドラムス)
ロニー・ウッド(ギター/バッキング・ヴォーカル)

【サポート・ミュージシャン】
ダリル・ジョーンズ(ベース/バッキング・ヴォーカル)
チャック・ラヴェール(キーボード/ミュージカル・ディレクター)
カール・デンソン(サックス)
ティム・リーズ(サックス/キーボード)
マット・クリフォード(ミュージカル・インテグレーター)
バナード・ファウラー(ヴォーカル)
リサ・フィッシャー(ヴォーカル)


メーカーインフォ