Frank Zappa - アナログ盤制作の魅力に迫る「Funky Nothingness Series (Episode 1: The Making Of)」映像を公開 未発表音源/レア・トラックを収録した新譜「Funky Nothingness」2023年6月30日発売予定

musicinfoclip

 twitterで共有する
Frank Zappa - アナログ盤制作の魅力に迫る「Funky Nothingness Series (Episode 1: The Making Of)」映像を公開 未発表音源/レア・トラックを収録した新譜「Funky Nothingness」2023年6月30日発売予定 thm Music info Clip

フランク・ザッパ


Frank Zappa 未発表音源/レア・トラックを収録した、新譜「Funky Nothingness」日本盤 Universal MusicからSHM-CD仕様で2023年6月30日発売予定。

海外ではZappa Recordsから2023年6月30日発売予定、アナログ盤もリリースされる予定です。


アナログ盤制作の魅力に迫る「Funky Nothingness Series (Episode 1: The Making Of)」映像が、YouTube Frank Zappa 公式アーティストチャンネルにて公開されました。

公開日は 2023/05/11 。


Frank Zappa’s incredibly rare recordings have been unearthed from the vault and compiled as the upcoming album Funky Nothingness! The first episode of the mini-series dives into the captivating world of vinyl production as Zappa's Vaultmeister, Joe Travers, and Mastering Engineer, Chris Bellman, guide you through the process.

Listen/buy: https://frankzappa.lnk.to/FunkyNothingness

Photos taken by John Williams in 1970. Courtesy of The Vault.



Frank Zappa - Funky Nothingness Series (Episode 1: The Making Of)



Frank Zappa - Work With Me Annie/Annie Had A Baby (Official Visualizer)






Frank Zappa - Funky Nothingness


収録曲目 (日本盤 3SHM-CD)

disc1

1. ファンキー・ナッシングネス
2. トミー/ヴィンセント・デュオ 1
3. ラヴ・ウィル・メイク・ユア・マインド・ゴー・ワイルド
4. アイム・ア・ローリン・ストーン
5. チャンガズ・リヴェンジ (ベースメント・ヴァージョン)
6. ベースメント・ジャム
7. ワーク・ウィズ・ミー・アニー/アニー・ハド・ア・ベイビー
8. トミー/ヴィンセント・デュオ 2
9. シャリーナ (1970レコード・プラント・ミックス)
10. カーキ・サック
11. トゥインクル・ティッツ

disc2

1. チャンガズ・リヴェンジ (テイク5)
2. ラヴ・ウィル・メイク・ユア・マインド・ゴー・ワイルド (テイク4)
3. トランシルヴァニア・ブギ (アンエディテッド・マスター)
4. シャリーナ (アンエディテッド・マスター)
5. ワーク・ウィズ・ミー・アニー/アニー・ハド・ア・ベイビー (オルタネイト・エディット)
6. トゥインクル・ティッツ (テイク1、フォールス・スタート)
7. トゥインクル・ティッツ (テイク2)

disc3

1. ザ・クラップ (アンエディテッド・マスター パート1)
2. ザ・クラップ (アンエディテッド・マスター パート2)
3. トミー/ヴィンセント・デュオ (アンエディテッド・マスター)
4. チャンガズ・リヴェンジ (テイク8)
5. ヘイローズ・アンド・アローズ
6. モールダード
7. ファスト・ファンキー・ナッシングネス



【3SHM-CD】
オリジナル・マザーズの解散から、ツイン・ヴォーカルのフロ&エディを擁する新生マザーズの始動に至る端境期に行われた貴重なレコーディング・セッションの成果を集約。ファンを狂喜させた秘蔵音源集『ザ・ホット・ラッツ・セッションズ』 (2019年) と『ザ・マザーズ1970』 (2020年) のあいだに位置する一級の発掘音源集。全25曲の未発表音源/レア・トラックを収録。エインズリー・ダンバー、ドン・シュガーケイン・ハリス、イアン・アンダーウッド、マックス・ベネットから成るコア・メンバーを迎えて1970年に制作された未発表のオリジナル曲、カヴァー曲、ジャム・セッションを計3時間半にわたって収録。

『ホット・ラッツ』の流れを汲むインストゥルメンタル・ナンバーとブルース/R&B系のヴォーカル・ナンバーを中心にした作品。ザッパ自身がリリースを念頭に編集/ミックスを終えていたトラック、クレイグ・パーカー・アダムス (ウィンズロー・コネチカット・スタジオ) がオリジナルのマルチトラック・テープから制作した最新ミックス音源等で構成。また、すべてのトラックについてジョン・ポリート (オーディオ・メカニクス) がマスタリングを手がけた最新マスターを使用。

主役であるフランク・ザッパのプレイはもとより、『ホット・ラッツ』にもフィーチャーされていたブルース・ヴァイオリンの名手、ドン・シュガーケイン・ハリス (元ドン&デューイ) 、本作がザッパとの初の録音となる英ロック・シーンを代表するドラマー、エインズリー・ダンバー (ジェフ・ベック・グループ、ジャーニー、ホワイトスネイク他) らの名演も必聴。
収録トラックの大半は完全未発表の秘蔵音源。『チャンガズ・リヴェンジ』 (1970年) 、『ロスト・エピソード』 (1996年) 等で既出のテイクも、編集やミックスが異なる初出ヴァージョンで収録。中でも「トランシルヴァニア・ブギ」、「ザ・クラップ」の未編集ヴァージョンは大きな聴きどころ。

英文ブックレットにはザッパ家のテープ倉庫管理人であるジョー・トラヴァースによるライナーノーツ、各トラックの出所などに関する解説に加え、セッション風景を捉えた写真家のジョン・ウィリアムズによる貴重な写真資料等を掲載。

日本盤のみ>
英文ライナーの完訳付/歌詞対訳付
SHM-CD仕様


メーカーインフォ