Michael Schenker Group - "Fighter"MVを公開 新譜アルバム「Universal」2022年5月27日発売

musicinfoclip

 twitterで共有する
Michael Schenker Group - "Fighter"MVを公開 新譜アルバム「Universal」2022年5月27日発売 thm Music info Clip

マイケル・シェンカー


Michael Schenker Group 新譜アルバム「Universal」Atomic Fireから2022年5月27日発売、日本盤はワードレコーズから2022年5月27日発売。

新譜「Universal」から"Fighter"Official Music Videoが、YouTube Atomic Fire Records チャンネルにて公開されました。

公開日は 2022/08/03 。


Taken off the album "Universal" (OUT NOW!)
🎧 Stream, get it here: https://msg.afr.link/universalYT

The new MSG album "Universal", from the German guitar legend Michael Schenker, with 11 new tracks featuring Ronnie Romero (Rainbow) as main vocalist, plus the guests singers Michael Kiske (Helloween), Ralf Scheepers (Primal Fear) & Gary Barden. A heavy Hard Rock masterpiece!



MICHAEL SCHENKER GROUP - Fighter (Official Music Video)





B09TSTRGKQ
Michael Schenker Group - Universal


収録曲目 (日本盤)

1. Emergency
2. Under Attack
3. Calling Baal
4. A King Has Gone
5. The Universe
6. Long Long Road
7. Wrecking Ball
8. Yesterday Is Dead
9. London Calling
10. Sad Is The Song
11. Au Revoir
12. Turn Off The World ≪世界共通ボーナストラック≫
13. Fighter ≪世界共通ボーナストラック≫
14. Help ≪日本盤限定ボーナストラック≫
15. London Calling (オルタナティヴ・ヴォーカル・ミックス) ≪日本盤限定ボーナストラック≫



永遠のギター・ヒーロー、マイケル・シェンカーがニュー・アルバムをリリース! ゲイリー・バーデン、マイケル・キスク、ラルフ・シーパースら豪華ゲストが参加。ボビー・ロンディネリ、ボブ・デイズリー、トニー・カレイら元レインボー勢が参加したロニー・ジェイムズ・ディオへのトリビュート曲は必聴!

ドイツが産んだ永遠のギター・ヒーロー、マイケル・シェンカーが、ニュー・アルバムをリリースする! 今回も、前作『イモータル』(21年)に引き続き、マイケル・シェンカー・グループ名義。マイケル・シェンカー・フェスト以降のアルバムでは、一体どんなミュージシャンが参加しているかが一つの目玉になっているが、『ユニヴァーサル』と題された今回の作品では、輪をかけてゴージャスなラインナップがフィーチャされている。

メインのヴォーカルを務めるのは、レインボーにヴァンデンバーグ、ディスティニアと、現在ヘヴィメタル界で最も引っ張りだこのシンガー、ロニー・ロメロ。さらにMSGと言えばこの人、ゲイリー・バーデンも、アルバムに花を添えている。これだけでも十分豪華だが、さらにハロウィンのマイケル・キスク、プライマル・フィアのラルフ・シーパースまでもが参加しているというのだから、ゴージャスこの上ない。

さらにドラムにはサイモン・フィリップス、ブライアン・ティッシー、ボビー・ロンディネリ、ボド・ショプフ、ベースにはボブ・デイズリー、バリー・スパークス、バレンド・クルボワが参加と、さながらオールスター・バンドの様相だ。

もちろん今回もマイケルらしい名曲が詰まった本作であるが、中でも注目すべきは、「コーリング・バアル/ア・キング・ハズ・ゴーン」。この曲は、マイケルによるロニー・ジェイムズ・ディオへのトリビュート。特に『Rising』(76年)でのロニー・ジェイムズ・ディオのパフォーマンスに捧げているというこの曲では、マイケル・キスクがヴォーカルを担当。さらにボビー・ロンディネリ、ボブ・デイズリーという元レインボー勢が、ガッチリとリズム隊を務める。また、「Tarot Woman」(『Rising』収録)へのオマージュだというイントロ、「コーリング・バアル」でモーグ・シンセを操るのは、『Rising』でプレイしていたトニー・カレイその人だと言うのだから、このトリビュートの本気ぶりがうかがえる。

とまあ、HR/HMファンがワクワクする要素がすべて詰まったような本作。これを聴かない理由を見つける方が難しいような内容だ。2年連続でマイケル・シェンカー新譜を聴けるなんて、HR/HMファン冥利に尽きるというもの。


MSG is:
Michael Schenker | Lead Guitar
Ronnie Romero | Vocals
Bodo Schopf | Drums
Steve Mann | Keyboards/Guitars
Barend Courbois | Bass


メーカーインフォ



MSG - Emergency (Official Music Video)



MICHAEL SCHENKER GROUP - Under Attack (Official Lyric Video)



MSG - A King Has Gone (Official Lyric Video)


B09TSTRGKQユニヴァーサル

マイケル・シェンカー・グループ(アーティスト), マイケル・シェンカー(演奏), ロニー・ロメロ[レインボー、ヴァンデンバーグ、DESTINIA](演奏), マイケル・フォス(演奏), ゲイリー・バーデン(演奏), マイケル・キスク [ハロウィン](演奏), ラルフ・シーパース[プライマル・フィア](演奏), バリー・スパークス(演奏), ボブ・デイズリー [レインボー、ゲイリー・ムーア、オジー・オズボーン](演奏), バレンド・クルボワ[ブラインド・ガーディアン](演奏), サイモン・フィリップス[TOTO、ザ・フー、ジェフ・ベック](演奏), ボド・ショプフ(演奏), ボビー・ロンディネリ[レインボー、ブラック・サバス、クワイエット・ライオット、ブルー・オイスター・カルト](演奏), ブライアン・ティッシー[ホワイトスネイク、フォリナー](演奏), スティーヴ・マン(演奏), トニー・カレイ[レインボー](演奏)
ワードレコーズ

・amazonで詳細を見る

・楽天市場で探す

B09TSXZ8V6ユニヴァーサル

マイケル・シェンカー・グループ(アーティスト), マイケル・シェンカー(演奏), ロニー・ロメロ[レインボー、ヴァンデンバーグ、DESTINIA](演奏), マイケル・フォス(演奏), ゲイリー・バーデン(演奏), マイケル・キスク [ハロウィン](演奏), ラルフ・シーパース[プライマル・フィア](演奏), バリー・スパークス(演奏), ボブ・デイズリー [レインボー、ゲイリー・ムーア、オジー・オズボーン](演奏), バレンド・クルボワ[ブラインド・ガーディアン](演奏), サイモン・フィリップス[TOTO、ザ・フー、ジェフ・ベック](演奏), ボド・ショプフ(演奏), ボビー・ロンディネリ[レインボー、ブラック・サバス、クワイエット・ライオット、ブルー・オイスター・カルト](演奏), ブライアン・ティッシー[ホワイトスネイク、フォリナー](演奏), スティーヴ・マン(演奏), トニー・カレイ[レインボー](演奏)
ワードレコーズ

・amazonで詳細を見る

・楽天市場で探す


B09X218GTHUniversal [Analog]

Michael Schenker(アーティスト)
Atomic Fire

・amazonで詳細を見る

・楽天市場で探す