George Lynch - アルバム使用機材紹介映像 エフェクト編アンプ編を公開 新譜ソロアルバム「Seamless」日本盤 2021年8月18日発売予定

musicinfoclip

 twitterで共有する
George Lynch - アルバム使用機材紹介映像 エフェクト編アンプ編を公開 新譜ソロアルバム「Seamless」日本盤 2021年8月18日発売予定 thm Music info Clip

ジョージ・リンチ


George Lynch オールインストソロアルバムとなる、新譜「Seamless」日本盤 マーキー・インコーポレイティドビクター から2021年8月18日発売予定。

新譜「Seamless」アルバム使用機材紹介映像、エフェクト編アンプ編が、YouTube youngguitarmagazine チャンネルにて公開されました。

公開日は 2021/08/13 。


初のオール・インスト・アルバム『SEAMLESS』を発表するジョージ・リンチ。近年のインタビューでは、彼が「機材にインスパイアされてフレーズが生まれた」と語ることが多いのだが、この最新アルバムのレコーディングにおいても例に漏れず、手元にあるエフェクトやアンプ、ギターをいじった結果、ジョージ自身にとっても予想外なフレーズが誕生したこともあったのだという。

そんなジョージの“インスピレーションの源”となった機材を、本人による解説動画でお届けしよう。2本立てとなっており、まずパート1はエフェクト編。ペダルボードを構成するエフェクターは貴重なヴィンテージものや、超個性的サウンドを出せるペダルで占められており、彼のこだわりぶりが伝わってくる。


パート2ではアンプ類を紹介。往年の名機やカスタム機などなど、珍しいモデルが満載だ。ジョージがどういった狙いでこれらの機材を使い分けているのか、よく分かる貴重な動画だ。

誌面掲載:ヤング・ギター2021年9月号(インタビュー)
購入:https://amzn.to/3zLKhd2



ジョージ・リンチ“Scary Gear”Pt.1 エフェクト編『SEAMLESS』使用機材



ジョージ・リンチ“Scary Gear” Pt.2:アンプ編『SEAMLESS』使用機材








George Lynch - Seamless


収録曲目 (日本盤)

1. Quiver
2. Cola
3. TJ69
4. Death By A Thousand Licks
5. iThink
6. Sharks With Laser Beams
7. Octavia
8. Supersonic Hypnotic Groove Thing
9. Falling Apart
10. Blue Light Effect (Bonus Track)
11. TORQUE (Bonus Track)



80年代のDOKKENから、近年でもLYNCH MOB、THE END MACHINE、DIRTY SHIRLEY, KXM...その他多数のバンドやプロジェクトにおいて活躍するギター・ヒーローGeorge Lynchの、『Shadow Train』(2015)以来となる待望のソロ・アルバムがリリース。更に本作はソロ・アルバムというだけでなく、クラシック・ナンバーをギターでカヴァーした『Orchestral Mayhem』(2010)以来のインストゥルメンタル・フルアルバムでもある。

今回は全作オリジナル・ソングで、カミソリのような往年のシュレッドから、グルーヴィでうねるプレイ、ブルージーで哀愁の漂うフレーズまで、変幻自在のギター・プレイが凝縮された、彼の40年以上のプロ・キャリアを総括する集大成ともいえる作品で、ジョージ・リンチ・ファンならば必携のアルバムとなっている。


メーカーインフォ



Produced by George Lynch
Mixed by Jesse Ray Ernster
George Lynch: Guitars
Jimmy D'Anda: Drums
Eric Loiselle: Bass



George Lynch "Death By A Thousand Licks" Official Audio