Kiko Loureiro - "Running With the Bulls"のギター演奏映像を公開 新譜「OPEN SOURCE」日本盤CD 2020年7月22日発売

musicinfoclip

 twitterで共有する
Kiko Loureiro - "Running With the Bulls"のギター演奏映像を公開 新譜「OPEN SOURCE」日本盤CD 2020年7月22日発売 thm Music info Clip

キコ・ルーレイロ


Kiko Loureiro新譜「OPEN SOURCE」2020年7月10日配信開始、日本盤CD 2020年7月22日発売。

Marty FriedmanMateus Asatoがゲスト参加。


新譜「OPEN SOURCE」収録曲"Running With the Bulls"のギター演奏映像が、YouTube Kiko Loureiro オフィシャル チャンネルにてプレミア公開されました。

公開日は 2020/09/06 。


Tabs / Songbook for the full album here :
https://kikoloureiro.myshopify.com/products/open-source-guitar-tabs

244 pages with precise transcription of the Open Source Full album and Guitar Pro files.

Album Pre-sale and Merch
https://kikoloureiro.myshopify.com/

Dreamlike
Written by Kiko Loureiro
---------------------------------------------------
Film shooting:
Henna Valkky and Samuel Hakkinen
from Silent Paprika Films
https://www.silentpaprikafilms.com
----------------------------------------------------

Kiko Loureiro - Guitars and Keyboards
Felipe Andreoli - Bass
Bruno Valverde - Drums
Kiko Loureiro - Dreamlike - Playthrough



Kiko Loureiro - Running With the Bulls - Playthrough



Kiko Loureiro - Dreamlike - Playthrough



Kiko Loureiro - Vital Signs - Playthrough






Kiko Loureiro - OPEN SOURCE


収録曲目

01. OVERFLOW
02. EDM (E-DEPENDENT MIND)
03. IMMINENT THREAT
04. LIQUID TIMES
05. SERTAO
06. VITAL SIGNS
07. DREAMLIKE
08. BLACK ICE
09. IN MOTION
10. RUNNING WITH THE BULLS
11. DU MONDE
12. OVERFLOW [BACKING TRACK] *日本盤ボーナス・トラック
13. IMMINENT THREAT [BACKING TRACK] *日本盤ボーナス・トラック
14. DU MONDE [BACKING TRACK] *日本盤ボーナス・トラック



ブラジルが生んだギター・ヒーロー、最新ソロ・アルバム
コンテンポラリー、ブラジリアン、フュージョンなどを飲み込んだ超絶技巧メタル・ギター・インストゥルメンタル

レコーディング・ミュージシャン: フェリッペ・アンドレオーリ (b) / ブルーノ・ヴァウヴェルデ (ds) ※どちらも現ANGRA
ゲスト: マーティ・フリードマン (g)

日本盤ボーナス・トラック3曲収録

元ANGRA、現MEGADETHのギター・ヒーロー=キコ・ルーレイロが、前作『SOUNDS OF INNOCENCE』以来、8年ぶりのソロ・アルバムを完成させた。ANGRAを脱退して2015年にMEGADETHに加入後、初のソロ作品である。

■マーティ・フリードマンがゲスト参加
収録曲のひとつ、"Imminent Threat"では、ゲスト・ギタリストとしてマーティ・フリードマンがソロを弾いている。マーティは黄金時代ともいえる90年代のMEGADETHを支えたギタリストであり、新旧MEGADETHギタリストの共演がここに実現した。

■リズム隊は現ANGRA
前作『SOUNDS OF INNOCENCE』では、ベーシストに現ANGRAのフェリッペ・アンドレオーリ、ドラマーに名手ヴァージル・ドナティ(ds)をリズム隊に迎えてレコーディングに臨んだが、本作ではフェリッペはそのままに、ドラマーは現ANGRAの若手実力派ブルーノ・ヴァウヴェルデにチェンジ。コンテンポラリー、ブラジリアン、フュージョンなどを飲み込んだ超絶技巧ヘヴィ・メタル・ギター・インストゥルメンタル。

■ミックスは才能ある若手
本作のミックスは、アダム・?ノリ―"・ゲットグッドが担当。ジェントの人気を世界に広めたPERIPHERYの元ベーシスト/ギタリストで、エンジニアとしても、PERIPHERYの作品はもちろん、DEVIN TOWNSENDやSIKTH、ANIMALS AS LEADERSといったテクニカルなギターを擁するサウンドが魅力のバンドの作品で、その力を発揮している。


メーカーインフォ



Kiko Loureiro - Liquid Times (feat Mateus Asato) [Audio]



Kiko Loureiro - Open Source [Full Album - Audio]



Kiko Loureiro - Overflow [audio]



Kiko Loureiro - Imminent ThreatKiko Loureiro キコ・ルーレイロ 新譜 日本盤 YouTube Marty Friedman Mateus Asato (feat Marty Friedman) [audio]



Kiko Loureiro - EDM (e-Dependent Mind) [OFFICIAL MUSIC VIDEO]