君島大空 - 「FUJI ROCK FESTIVAL’19」から"遠視のコントラルト"のライブ映像を公開

musicinfoclip

 twitterで共有する
君島大空 - 「FUJI ROCK FESTIVAL’19」から"遠視のコントラルト"のライブ映像を公開 thm Music info Clip

君島大空


「FUJI ROCK FESTIVAL’19」"ROOKIE A GO-GO"ステージにて行われた君島大空のライブから"遠視のコントラルト"の映像が、YouTube Fuji Rock Festival チャンネルにて公開されました。

公開日は 2019/08/01 。


バンドメンバーは 石若駿 (dr), 新井和輝 (ba), 西田修大 (gt) 。

FUJI ROCK FESTIVAL’19 "ROOKIE A GO-GO"と YouTube Music Sessions のコラボレーション。7/27 (SAT) に出演した君島大空による「遠視のコントラルト」のパフォーマンス映像。

Director: Daisuke Fujii
Director of Photography: Takashi Miyaburo
Cam: Daisuke Ooya, Masahiro Sato, Ryuichi Taniura, Takayuki Asanuma, Yuki Takeda
Technical Director: Masayoshi Ikeda(Nouvelle Vague)
Sound Engineer: Takamune Masuko

Producer: Kazuya Minari (Nouvelle Medias)

制作支援:YouTube / YouTube Space Tokyo
機材協力:YouTube Space Tokyo



君島大空 - 遠視のコントラルト [YouTube Music Sessions at FUJI ROCK FESTIVAL’19 "ROOKIE A GO-GO"]





君島大空の1st EPとなる新譜「午後の反射光」APOLLO SOUNDSから2019年3月13日発売。

Guitar、Bass、Vocal、本人演奏多重録音、セルフプロデュースによる作品、石若駿(Drums)がゲスト参加。

午後の反射光
君島大空 - 午後の反射光

収録曲目

1. interlope
2. 瓶底の夏
3. 遠視のコントラルト
4. 叙景#1
5. 午後の反射光
6. 夜を抜けて



美しく繊細なメロディと唯一無二の歌声で独創的な世界観を創り出す、注目の音楽家/シンガーソングライター君島大空

高井息吹と眠る星座、タグチハナ、坂口喜咲とシーパラダイスのみなさん等のギタリストとして多数のサポート活動をする一方で、自身の弾き語りでのライブ活動を展開し、作詞/作曲/編曲/演奏/歌唱を多重録音で制作した楽曲をSoundcloudで公開。

ライブでは歌とギターの弾き語りでの演奏が多いが、その独創的な音楽は一瞬でライブハウスの空気を変えるほどの存在感だと評判を呼ぶ。

24歳の誕生日を迎えた後にリリースされる今作『午後の反射光』は、本人の作詞作曲編曲と演奏の多重録音によるセルフプロデュース作品。

君島のジェンダーレスな歌声とアコースティックギターを軸にして、収録曲「瓶底の夏」ではメロウで美しい音像で情景を描き、「遠視のコントラルト」では一転し、ギターの歪みや歌唱手法にも変化が加えられシンガーとしての存在感を強調、ゲストミュージシャンとしてくるりやKID FRESINO等のサポートをつとめるドラマー石若駿を招いて制作。

今作のタイトルにもなっている「午後の反射光」では粒子の細かいサウンドが可視化され
眼前に拡がるようなアレンジをみせるなど、その振り幅はバラエティに富んでいる。
その才能は同日3/13にリリースされるsora tob sakanaのメジャー1stアルバム「World Fragment Tour」において楽曲提供をおこなうなど、シーンの枠を越え支持され今注目が集まっている。

20年代に入る直前に登場した注目のシンガーソングライター君島大空のデビュー作を是非お聴きください!


メーカーインフォ



君島大空 MV「遠視のコントラルト」


午後の反射光午後の反射光

君島大空
APOLLO SOUNDS


発売日:2019/03/13 | amazonで詳細を見る

散瞳 / 花曇散瞳 / 花曇

君島大空
APOLLO SOUNDS


発売日:2019/07/05 | amazonで詳細を見る