Music info Clip

2012年10月30日より e-onkyo music にて、
ユニバーサルミュージックハイレゾ音源配信がスタートしました。


e-onkyo music - ユニバーサルミュージックのハイレゾ配信がスタート Music info Clip



ローリング・ストーンズやエリック・クラプトンといったロックから、ビル・エヴァンスなどのジャズの名盤、クラシックでは決定版ともいえるカルロス・クライバーやカール・ベームの諸作など、豊富なラインナップを誇るユニバーサルミュージックハイレゾ配信がスタート!全てSHM-SACDに採用された最新のDSDリマスター音源を使用しており、ユニバーサルミュージックの音質に妥協を許さない姿勢がうかがい知れるラインナップとなっております。今後順次配信を開始し、約250アルバムの配信が予定されていますので、乞うご期待!


国内初!ユニバーサルミュージック - 音楽ダウンロード・音楽配信を高音質で【e-onkyo music】から引用







すでに16タイトルの取り扱いがあり内訳は、


Rock & Pops, etc

・ザ・ローリング・ストーンズ/Beggar's Banquet
・ザ・ローリング・ストーンズ/Let It Bleed
・ザ・ローリング・ストーンズ/Sticky Fingers
・ザ・ローリング・ストーンズ/Exile On Main St.
・ブラック・サバス/Black Sabbath
・スティーヴィー・ワンダー/Songs In The Key Of Life
・ASIA/詠時感(エイジア)~時へのロマン~
・ブラインド・フェイス/スーパー・ジャイアンツ
・ダイアー・ストレイツ/悲しきサルタン
・エリック・クラプトン/461 Ocean Boulevard
・スティーリー・ダン/彩(エイジャ)
・スティーリー・ダン/Gaucho




Jazz

・ビル・エヴァンス/Waltz For Debby



Classical

・カルロス・クライバー(指揮)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/ベートーヴェン:交響曲第5番&第7番
・カール・ベーム(指揮)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/ブルックナー:交響曲第4番《ロマンティック》
・エフゲニ・ムラヴィンスキー(指揮)レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団/チャイコフスキー:交響曲第6番《悲愴》




上記全て24bit/192kHzとなっており、
購入時にWAVファイルかFLACファイルかを選ぶことが出来ます。




いきなり凄いタイトルを並べてきましたね。

7月にはワーナーミュージック・ジャパンのハイレゾ音源も配信されてますし、
e-onkyo music 攻めてます。(^^;
ムーヴ
ムーヴ


アルバム「MOVE」関連のインタビュー記事、
まとめてスクショ付でリンクしてみます。



-- Webインタビュー記事 --


上原ひろみ - アルバム「MOVE」インタビュー記事まとめ musicinfoclip 01
上原ひろみ インタビュー - プレイリストから新たな音楽を発見する[MUSICSHELF]


上原ひろみ - アルバム「MOVE」インタビュー記事まとめ musicinfoclip 02
音楽を続けることに意味はあるのか──ピアニスト、上原ひろみの答えとは - トレンド - 日経トレンディネット



上原ひろみ - アルバム「MOVE」インタビュー記事まとめ musicinfoclip 03
上原ひろみ - TOWER RECORDS ONLINE



上原ひろみ - アルバム「MOVE」インタビュー記事まとめ musicinfoclip 04
上原ひろみにスペシャルインタビュー【ELLE】|エル・オンライン




上原ひろみ - アルバム「MOVE」インタビュー記事まとめ musicinfoclip 05
J-WAVE NEWS:上原ひろみ 苦手な音の克服法



上原ひろみ - アルバム「MOVE」インタビュー記事まとめ musicinfoclip 06
【VAインタビュー】上原ひろみ - TSUTAYA online - ツタヤオンライン/TSUTAYA online





-- 動画インタビュー --


上原ひろみ - アルバム「MOVE」インタビュー記事まとめ musicinfoclip 07
オフビート&JAZZ #12 上原ひろみ インタビュー|WOWOW動画|WOWOWオンライン




上原ひろみ - アルバム「MOVE」インタビュー記事まとめ musicinfoclip 08
Pianist Lounge (ピアニスト・ラウンジ) | ヤマハ株式会社




日本のWebだけでもこれだけあり、
さらにテレビ・雑誌等のインタビューもありますから物凄い数をこなされていますね。

力の入れようが違います。



ムーヴ(初回限定盤)(DVD付)
ムーヴ(初回限定盤)(DVD付)上原ひろみ 上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト feat.アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス

ユニバーサル ミュージック クラシック 2012-09-05
売り上げランキング : 301

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
VOICE Another Mind ライヴ・イン・マルシアック [DVD] ヴォイス(初回限定盤)(DVD付) Get Together ~LIVE IN TOKYO~(初回限定盤)(DVD付)
2012年10月16日 TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、
レッド・ツェッペリン 祭典の日(奇跡のライヴ)のプレミアム試写会が行われました。

その際のジミー・ペイジ記者会見完全版が、
下記のサイトに掲載されています。

ジミー・ペイジ記者会見完全版 2012年10月16日 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 祭典の日(奇跡のライヴ)
ジミー・ペイジ記者会見完全版「ツェッペリン時代の有名な山登りのシーンの秘話明かす」 - goo 音楽




この記事の中で、


―この再結成ライヴでは、昔のフィーリングを思い出すために昔の機材は使ったか?

「1969年に手に入れたレスポールを今でも使っている。
“もし明日ギターを弾け”と言われてもこのギターを弾くだろう。

昔の機材をずっと使い続けるミュージシャンは余りいないと思うけど僕はそういうタイプの人間なんだ、
古いギターを使い続けているよ。」


ジミー・ペイジ記者会見完全版「ツェッペリン時代の有名な山登りのシーンの秘話明かす」 - goo 音楽 から引用





低く構えたレスポールを弾く姿は、
ジミー・ペイジのイメージそのものですよね。

とはいえオールドのギブソンレスポールはとんでもなく高騰してしまい、
所有できるのはごく限られた人だけになってしまいました。



2010年にGibson Custom Shopから発売された、
Jimmy Page "Number Two" Les Paul」は約100~250万円と
レプリカでありながらこちらも高価でした。(泣


楽天で「Jimmy Page Les Paul」を検索して出てきたのはこちら。
(2012年10月30日現在)




これは1995年頃にGibson U.S.A.とジミー・ペイジが共同開発した、
「GIBSON "The Jimmy Page Les Paul"」かな。

※違っていたらごめんなさい。


宜しければファンの方チェックしてみてください。








えっと話もどして、
ジミー・ペイジ記者会見完全版の中で



―76年に撮影した『永遠の詩 (狂熱のライヴ) 』での山登りのシーンにちなんで、山を登り方のコツを教えてください。
アドバイスやんな本を読んだらいいのか?


「あの時は山を登るのを楽しみにしていた。場所はスコットランドで、満月が綺麗だったのを覚えている。
実は裏話があって、あのシーンはクルーが待ち受けていて3テイク撮り直しているから何度も登らされたんだよ。

だから山登りの極意は“山を登るなら一回がいい。
山を登るなら映画クルーは連れていくな(笑)”だね」


ジミー・ペイジ記者会見完全版「ツェッペリン時代の有名な山登りのシーンの秘話明かす」 - goo 音楽 から引用


誰ですか、こんな質問したの。w


祭典の日(奇跡のライヴ)デラックス・エディション(2CD+BD+ボーナスDVD)
祭典の日(奇跡のライヴ)デラックス・エディション(2CD+BD+ボーナスDVD)


2012年10月16日 TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、
レッド・ツェッペリン 祭典の日(奇跡のライヴ)のプレミアム試写会が行われました。

祭典の日(奇跡のライヴ)はイギリス ロンドンにあるO2アリーナ (The O2 arena)で、
2007年12月10日に行われた再結成ライブの模様を収めた作品です。

このプレミアム試写会に、
なんとジミー・ペイジご本人が登場!




再結成ライブ当日の様子を聞かれ、


「今回のセットリストはリハーサルのときにみんなで話し合って作ったんだが、
レッド・ツェッペリンの歴史を網羅するセットリストを作りたかったんだ。

自分たちのカラーや見せられるものを届けたかった。

リハーサルの時はお客さんがいないので分からなかったけど、
実際ライヴで演奏してみてすごく良い反応だったので嬉しかった!
もっとやりたかったのが本音」



「ジミー・ペイジ登場! レッド・ツェッペリン『祭典の日』完全限定プレミア試写開催」 から引用







2007年12月10日に行われた再結成ライブのセットリストは、
こんな感じでした。


01 - Good Times Bad Times
02 - Ramble On
03 - Black Dog
04 - In My Time Of Dying
05 - For Your Life
06 - Trampled Under Foot
07 - Nobody's Fault But Mine
08 - No Quarter
09 - Since I've Been Loving You
10 - Dazed And Confused
11 - Stairway To Heaven
12 - The Song Remains The Same
13 - Misty Mountain Hop
14 - Kashmir

-- Encore 1 --
15 - Whole Lotta Love

-- Encore 2 --
16 - Rock and Roll


Robert Plant - Vocals, Harmonica
Jimmy Page - Guitar
John Paul Jones - Bass, Keyboards
Jason Bonham - Drums




熱心なファンの方はこの日の演奏のブートCD/DVDを複数お持ちだと思われますが、
オフィシャルからの発売となるとやはり購入せざるを得ないでしょう。



今回の来日でも御多聞にもれず、
西新宿の界隈でお姿が見られたようです。

その時の様子が写真だけではなく、
動画もYouTubeにアップされてるとかされていないとか。w

恐らくダンボール一杯に、戦利品をお持ち帰りになられたのではと思います。(^^;